ベーからの手紙      

No.166  2016年8月28日

 
  元気ですか?
  今年の夏も、毎日、毎日、暑い日が続きましたね。
  夏は、僕・2代目のベートーベンと、3代目のヨハンが
  暑さに負けて天国に旅立った季節です。
  もうだいぶ年を取っているバナ子が大丈夫だろうかと
  心配になります。


ちょっと見ただけでは、バナ子はまだまだ元気だと思えます。
いろんな人から、今でも「かわいい!」と言ってもらえるし、たしかに
年齢よりも若くは見えます。
あゆちゃんとひろちゃんがたまに家に帰ってくれば、うれしくて
昔のようにはしゃごうとするし、唸り声を上げてスリッパの引っ張りっこも
します。
でも、長い時間は続けられません。すぐに疲れるんです。
「もっと遊びたい!」という気持ちと、「もうだめだ。」とあきらめる体が
ひとつになりません。

この頃、バナ子はヨハンに似てきたところがあります。
ヨハンは、「人当たりがよくて、ハンサムで、かっこいい。」なんて、
いい男のように思われていたけれど、実は彼には、外で見せる顔とは
違う一面があったんですよ。
それはね、気難しいこと。
「今、僕はひとりでいたい。かまわないでほしい。」という時は、露骨に
態度に表していました。
゛ほっといてください”オーラが全身から強く出て、家族をシャットアウト。
あゆちゃんもひろちゃんも、「ヨハンって結構いやなやつ。」と言ってました。

そんなヨハンがまるで乗り移ったかのように、年を取ったバナ子にも
気難しさが出てきています。
若い頃はあんなにひろちゃんと一緒に騒いでいたのに、最近はプイと
ひとり離れた場所へ逃げていくことがあります。
じっと目を閉じているうちに、いつのまにか眠っています。

そして、もう1つのバナ子の変化・・・これがなかなか大変なんです。
時間に関係なく、夜中に起き出して騒ぐようになりました。
犬も、年を取ると人間と同じように゛ぼけてしまう”ことがあると聞いたことが
あるけれど、もしかしたら、ぼけ始めちゃったのかなぁ、バナ子は。
もともとは、朝は6時から6時半頃に起きていました。
そして、散歩をして、朝食。
それが5時半になり、5時に。やがて4時台へ。
とうとう3時台に起き出して外へ行きたいと騒ぎ、パパをたたき起こし、
食事をもらうまでヒュンヒュンと騒ぎ続けます。

3時なら、まだよかったんです。 なんと、とうとう2時台に!
初めの頃は、さすがに食事は食べさせなかったけれど、゛食べるまでは
しつこく騒ぐのをやめない”バナ子の作戦にパパがとうとう根を上げ、
真夜中に超早い朝食。 
時間の感覚がおかしくなっているみたいです。 昼夜逆転。
食べ終わっても寝つけない日は、ヒュンヒュンと声を上げながら、
ウロウロと部屋を歩き回ります。
外へ行きたいのか、水を飲みたいのか、どこか具合が悪いのか、
いったいなんなのか?
理由がわからないパパとママは、バナのお腹をさすってなだめすかしたり、
声を荒げて怒ったり、バナ子との闘いが続いています。

バナ子は今、9才と7ヵ月。セント・バーナードとしてはおばあちゃんに
なりました。
長生きをしてほしいけれど・・・夜はぐっすり眠ってほしいなぁ。
  
                                今日はここまで、またね。
                                     
Beethoven


この夏は、2度サマーカットをしました。

秋の花が咲き始めています。

散歩の前のシャワーも、もうおしまいです。

後ろ左足が弱くなり、力が入りません。
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8 No.9 No.10
No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20
No.21 No.22 No.23 No.24 No.25 No.26 No.27 No.28 No.29 No.30
No.31 No.32 No.33 No.34 No.35 No.36 No.37 No.38 No.39 No.40
No.41 No.42  No.43 No.44  No.45 No.46 No.47 No.48 No.49  No.50 
No.51 No.52 No.53 No.54 No.55 No.56 No.57 No.58 No.59 No.60
No.61 No.62 No.63 No.64 No.65 No.66 No.67 No.68 No.69 No.70
No.71 No.72 No.73 No.74 No.75 No.76 No.77 No.78 No.79 No.80
No.81 No.82 No.83 No.84 No.85 No.86 No.87 No.88 No.89 No.90
No.91 No.92 No.93 No.94 No.95 No.96 No.97 No.98 No.99 No.100
No.101 No.102 No.103 No.104 No.105 No.106 No.107 No.108 No.109 No.110
No.111 No.112 No.113 No.114 No.115 No.116 No.117 No.118 No.119 No.120
No.121 No.122 No.123 No.124 No.125 No.126 No.127 No.128 No.129 No.130
No.131 No.132 No.133 No.134 No.135 No.136 No.137 No.138 No.139 No.140
No.141 No.142 No.143 No.144 No.145 N0.146 No.147 No.148 No.149 No.150
No.151 No.152 No.153 No.154 No.155 No.156 No157 No.158 No.159 No.160
No.161 No.162 No.163 No.164 No.165