第1部 

☆第1章 
コーヒー豆の基礎知識


  ベートーベンでは、商社との長年の取引による信頼関係から
  世界各地の良質な生豆、正しい情報をいただいております。


  コーヒー豆が農産物であることを、ご理解下さい


 コーヒー豆の生産地帯は、赤道を挟んで北・南回帰線の間、コーヒーゾーンと呼ばれる地域です。
 コーヒー栽培の条件が合えばコーヒー豆の生産が可能となりますが、生産が可能だということと、
 良質なコーヒー豆が採れることは別問題です。

 コーヒー豆の3大原種

 
☆アラビカ種・・・原産地・エチオピア
           品質の高さは3大原種中随一。気候・土壌への選択性が強く、耐病性に弱い。
 
☆ロブスタ種・・・原産地・コンゴ
           品質はアラビカ種に及ばず、特に香りが優れない。耐病性が強く、低地に向く。
           
ベートーベンでは扱っておりません。
           消費者の方は一般には目にしていませんが、
           いろいろな形で皆さんの口に入っています。
           例えば、インスタントコーヒー・缶コーヒー・格安のレギュラーコーヒーの
           ブレンドの増量材など。
 
☆リベリカ種・・・原産地・リベリア
           香味はアラビカ種に劣り、苦味が強い。耐病性・適応性が強く、低地向き。
           日本にはほとんど輸入されておらず、
           お目にかかることもなく、私も口にしたことがありません。
           
ベートーベンの「The coffee 」から、リベリカ種に関しては除外させていただきます。
                                ( 参考文献・伊藤博著「コーヒー小事典」)

 良質な果実(コーヒーチェリー)が採れるには、それなりの条件があります。
 私達に馴染みのある果物、例えば、りんご・みかん・ぶどう 等にしても、栽培に適した土地、
 つまり良質な実を得られる場所や地域は限られているのと同様です。
 そして、コーヒーは苦味の飲み物ですが、
 
良質なコーヒーには、他の果実と同様に良質な酸味が含まれます。


           ベートーベンにとって、継続的に、良質な生豆を安定して供給いただくことが、
           お客様に美味しいコーヒーをお飲みいただくための第1歩なのです。