BA・NA・KO(バナ子)の日記


    2018・5・16〜2018・5・23

 2018.5.16(水)
                 (雨が続くらしいから、ピンクのコートを用意しなくちゃね。)          
ふうん、なんとなく、わかってきた。
わたしから、みんなのことは見えるんだけど、みんなからはわたしが見えないって。

それに、わたし、好きな時に好きな所へ行けるようになったの。
ふわり〜ん、って浮いてるだけでいいんだよ。
ひろちゃん、今、何してるかなって思ったら、ひろちゃんを見下ろせる所に、ふわふわ。
あゆちゃんのとこに行ってみよう、って思ったら、今度は、”あゆちゃん行き”。

おうちも、ずっと上の方から見下ろせるの。
へぇ、家の周り、こんなに大きな木がいっぱいなんだ。 びっくりしちゃう。
リスさん、どこにいるのかな。  たぬきさんは、どの辺だろう。

あ! 車が帰って来た。 パパとママだ。
ママが、「バナ、おしっこしよう。」って言ってる。
ママの近くにわたしの体は見えないのに。

パパ、なんだか元気がないみたい。 お仕事で疲れてるのかな。

(落ちこむというよりも、呆けています。
ひろのスマホに残っているバナのいろんな動画を見ていると、やっぱり、まだそこに
いるような気がしてしまいます。

ばかみたいな後悔をしています。
夜、バナがリンゴを食べたくてじっと待っているのに、どうして自分がお風呂に入るのを
優先して食べさせてあげなかったんだろう、と。
あんなに食べたがっていたのに。

かわいかった。 とにかく、かわいかった。 たまらなく、かわいかった。)
 2018.5.17(木)
             (「だからさ、わたしはこう思うのね。」「うん、うん」)(「バナちゃ〜ん」)     
そうか。 わたし、もう、みんなと一緒にはいられないんだね。

ひろちゃんのお膝で甘えたり、「散歩に行こうよ」って誘ったり、あゆちゃんのおうちに
行って、「おはよう! 来たよ〜!」って、しっぽをぶんぶん振ったり、あべお兄ちゃんに
いっぱい、なでなでしてもらったり、もう、できないんだね。

「一緒に寝てあげるね」って、パパのお布団で寝たり、こたつでママと並んで
あったまったり、もう、なんにもできないんだね。

あ! もしかすると・・・食べるのもできなくなっちゃったの?
お肉とか、リンゴとか、ジャーキー、なぁんにも食べられないの?
ええ!? やだぁ。

わたしのおやつ、まだ残ってたはずなのに。
全部、食べておけばよかった。

(いろんな方が、バナ子にきれいな花を届けて下さいます。
バナに会ったことがないという方まで。
本当に、ありがとうございます。
外で花の匂いをかぎ回るのが大好きだったバナ子、きっと、ふんふんと
ユリやガーベラの匂いをかいでいることでしょう。

残ったおやつの在庫は、残念だったわねぇ。)
 2018.5.18(金)
                       (ひろとバナ、本当に仲の良い姉妹でした。)
ひろちゃん、ピアノの練習してる。
そう言えば、もうすぐ演奏会がある、って言ってたっけ。

わたし、ひろちゃんのピアノの音を聴くの、好き。
でも、もっと好きなのは、練習するのをやめてもらって散歩に行くこと。

ひろちゃんったら、ピアノを弾くのに夢中になると、わたしのことなんか
忘れちゃうんだから。
だから、時々、弾いてるところまで行って思い出させてあげるの。
ねぇねぇ、散歩に行こうよ〜って。
 「まだ、お散歩の時間じゃないでしょ。」って、ひろちゃんが言ったら、
”実力行使”っていうのをやるといいんだよ。
あのね、ピアノの横に座りこむの。
そして、じ〜っ、じ〜っ、と見つめるの。

そうすると、「バナちゃん、行こうか。」
うん!

(6月8日・金曜日、青年文化センターで仙台桐朋会コンサートがあります。
夜7時開演、ひろはプログラム1番なので、開演と同時に弾きます。
ドビュッシーの前奏曲・第1集から5曲です。
お出かけ下さる方は、遅れないように・・・会場にお入りください♪)
 2018.5.19(土)
            (雪が降っても、匂いかぎは重要任務。毎日、欠かしませんでした。)         
あ! あべお兄ちゃんとお姉ちゃんだ。
うれしいな。 わたしに会いに来てくれたんだね。
 「ついこの間、ここにいたのに。」
バナ子は、今もここにいるよ。 お兄ちゃ〜ん!
 「これを、バナに・・・。」
わお、おみやげ? それ、なぁに?
きれいなお花はたくさんもらったけど、お兄ちゃんからはなんだろう?

 「バナが喜びます。 ありがとう。」
う〜ん、わたしが喜ぶものって・・・わかった! きっと、お菓子だ。

ひろちゃんが受け取った箱を見てる。
ちょっと、それ、わたしのだからね。 勝手に食べちゃだめ。

(これまでの3頭のセント・バーナード達と比べると、甘やかしていたバナ。
やってはいけないとわかっていても、じっと見つめられると、ついついお菓子の
端っこなどを食べさせてしまい、一時期かなり太りました。
太ると何事も大変になるので、あわてて減量、を繰り返していたような・・・。

バナちゃん、太るといけないから、いただいたお菓子は家族で食べるからね。)
 2018.5.20(日)
             (ヨハンもバナ子も、ここを歩きました。) (伊達武将隊 Vol.5 見参!)     
ひろちゃん、どこに行くの? お散歩?
わたしも一緒に行く! いいでしょ? 連れてって。

あれ? いつもと道が違う。 今日は西公園じゃないんだ。
ずいぶん歩くんだね。 どこまで行くんだろう。
いつもは、公園に着いたら水を飲んで休憩するのに、ひろちゃんたら、
どんどん進んで行く。

うん? でも、待てよ。
・・・なんか、ここ、歩いたことがあるような気がするなぁ。
ず〜っと前だけどね。

そうだ。 足が悪くなっちゃう前は、もっと遠くまで散歩に行ってたんだ。
うん、思い出した!
あべお兄ちゃんとボールを投げて遊んだり、ひろちゃんと川のそばまで来たり、
いろんな所を歩いた。

ここだ! 川が見えるとこ。
 「バナちゃ〜ん!」
はいよ〜、ひろちゃん。 わたしも川を見てるよ。

(日曜日、ひろと2人で広瀬川沿いを歩きました。
川向うに見える青葉山、きらきらと輝く広瀬川、右手には大橋、その向こうに
国際センターの木立ちが見えます。

あぁ、あそこでヨハンの写真をよく撮ったね。 
バナは足が短いから、川沿いの草に足が隠れてたね。
バナちゃん、恐がりだから川には絶対に入らなかった。
ヨハンはさ、「僕は汚れるの嫌だし、陽射しもきらいだから木陰で待ってる。」
って感じだったね。

川からの風が、とても心地よい散歩でした。)

 < ”伊達武将隊ブロマイドCafe 第5弾 発売開始!
    大町の店舗で販売中です。
    5月23日(水)〜29日(火)は、仙台三越の地下1階でも販売します。
   本館のエスカレーターを下りたら、ワイン売り場からパン屋さんの方向へ。
   パン屋さんの向かい側にベートーベンの売り場があります。 >
 2018.5.21(月)
             (まずは匂いかぎをして・・・それから、ひろちゃんとおしゃべりする。)
朝だよ〜、みんな起きて〜。
わたしは、とっくに目が覚めてるよ。
あゆちゃ〜ん、ひろちゃ〜ん。

ほら、鳥たちが朝の歌を歌ってる。 にぎやかだな。
あの木にも、あそこの大きな木にも鳥がいる。
 「ピーチュ、チュクチュク、ピーピー♪」
  「クワッコー! カッコー!」
おはよう。 上から見ると、鳥ってほんとに元気だね。
 「ここは、僕の場所だぞ! 他の鳥は来ちゃだめ。」って叫んでるみたい。
わたしたちが、あちこちでおしっこして匂いをつけるのと同じなのかな。

でもね、わたし、今はおしっこもウンチもしないの。
なんか変な感じ。 犬にとって、匂いつけと匂いかぎって大事なのにね。

(今年は、例年よりも野鳥のさえずりがにぎやかです。・
餌を求めるひなのような声も、すぐ近くから聞こえてきます。
林には、いろんな生き物がいっぱい。
でも・・・バナがいない。)
 2018.5.22(火)
               (椿の匂い、だ〜い好き!) (バナナのお菓子も、だ〜い好き!)
 「これ、バナ子ちゃんにあげてください。」
え? 今、なにか聞こえた。 どこかな。
きょろきょろと上から見渡すと・・・わかった! あそこだ。

女の人が、パパにちっちゃなものを渡してる。
あれは・・・やった! いつものお菓子。
今日は、なんの味かな。
あのね、犬が食べても大丈夫なように、お砂糖が入ってないんだって。
だから、あれはわたしのだよ。

 「バナは、もう食べられないからね。 わたしがもらう。」
え? なに言ってんの、ひろちゃん。 だめ、あげない。

(バナが大好きだった、犬用のお菓子。
この日いただいのはバナナ味と思われます。
帰宅してから、バナにお供えしました。
いつものように、目を丸くして、鼻先で「早く、早く!」とつついてるかな。
ひと口でなくなっちゃうけどね。)

 < 5月23日(水)〜29日(火)は、仙台三越の本館地下1階でも
   販売いたします。
   ワイン売り場の横にパン屋さんが2店並んでいます。
   食パン専門店の向かい側がベートーベンの売り場です。
   三越の営業時間は、夜7時まで。 >
 2018.5.23(水)
               (ひろちゃ〜ん、どこにいるの?  「ふふふ、ここだよ〜ん。」)
な〜んか、物足りないなぁ。 う〜ん・・・。

あのね、今は足が痛くないし、転ぶこともなくなったし、全然疲れないし、
好きな所にふわ〜って行けるからとっても楽なんだけど、でもね、つまんないの。
ひとりでふわふわしてるだけで、みんなと遊べないんだもん。
一緒に公園に行ったり、膝枕したり、おやつちょうだい、っておねだりしたり、
なんにもできないんだよ。 こんなの、つまんない。

あ〜あ、ひろちゃんとお散歩したいなぁ。
 「バナちゃん、行くよ!」って元気な声で言われて、がんばって歩きたいな。
あゆちゃんは時々恐かったけど、「バナ子! なにやってんの!」って
もう1回怒られてもいいかな。
そして、夜は、パパと一緒にお布団で眠りたいな。

う〜ん、つまんない。

(長い間繰り返してきた日常の生活パターンに穴が空き、「なんだかな。」と
ため息をついています。
バナの散歩、バナの目薬の点眼、バナの食事、一緒に店に出かけて、
1日中、バナの顔を見て・・・。 お〜、バナちゃん。)