カイザーの日記
  

    2021.9.16〜2021.9.30




 2021.9.16 (木)
               (伸びた雑草の中でおしっこ。 草が傷口に当たらないかな。) 
ふんっ。 朝から忙しいったらありゃしない。
今日も、お店の2階に着いたら、まず恐竜に説教した。
あいつめ、とぼけた顔して僕の方をじっと見るんだ。
だから、誰がボスなのかをもう1回教えてやった。
 「カイザー! そんなに暴れたらまた血が出るでしょ。」
そんなこと、気にしてられないよ。
生きてくって、大変なんだから。
 「おとなしく寝てなさい!」
はいはい。 ママは下に行ってていいよ。

ふうっ。 男としてボスの座を守るのって難しいのに、
ママったらなんにも分かってないんだから。

あれ? これ、なんだろう?
後ろ足になんかついてるぞ。 変な匂いがする。
ふんふん? ・・・血、かな?

(元気はあるんです。 精神的には、まったくいつも通りです。
でも、暴れるの禁止・興奮禁止。
おしっこをするのは禁止できないからなぁ。
早く傷口がふさがりますように。)
 2021.9.17 (金)
             (朝の散歩。なかなか用を足さないので林の奥に入ると→薄暗い。)
あ! ちっちゃな犬が僕に向かって走って来る。
しっぽを振ってる。 あの子とも友だちになったんだよ。
まだ子どもなんだって。 だから、ほんとにちっちゃい。
どれ、じゃ、僕は伏せて待ってようかな。
 
 「カイザーお兄ちゃ〜ん!」
はい、こんにちは。
 「カイザー君の顔に、両足でタッ〜チ! パシッ。」
おっと。
 「パシッ、パシッ、会えてうれしいな。わ〜い。」
うんっ、むんっ。 僕も君に会えてうれしいよ。
 「うわ〜い、パシッ。 ピョンピョン、パシッ。」
・・・もう、いい? またね、バイバイ。

さて、他に友だちはいないかな?

(店の2階で「散歩に行くよ」と声をかけたら、うれしくて興奮したのか
少し出血しました。
でも、まもなく血は止まり、この日の出血はこれだけ。

西公園に行くとトイプードルの子犬ちゃんと出会い、カイザーは伏せて
子犬からのスキンシップを受けます。
日々、きー君の太い腕での激しいスキンシップに慣らされているから、
か細い子犬の足が顔にかかっても平気です。
とにかく、友だちに会えるとうれしいカイザーです。)

< 9月19日(日)・20日(祝)・23日(祝)は休業いたします。 >
 2021.9.18 (土)
       (「うっきゃ〜い!」 この日はきー君の攻撃が激しく、カイザーは逃げ出しました。)
 「カイザー、雨の降りが強いから、コートを着て散歩に行こうね。」
うん、バナ子おばちゃんのピンクのコートでしょ。
 「体にコートをかけて、首の回りをマジックテープで止めて・・・、
  あら、毛が伸びてきたら、カイちゃんにはちょっときついわね。」
うん、これだと、ちょっと苦しいな。
もう少しゆるくできる?
 「どうかなぁ・・・ぎりぎり、こんなとこ?」
うん、まぁ、これなら大丈夫。
 「そして、お腹回りが動かないように、マジックテープでギュッ。
  お腹は平気?」
うん! 早く散歩に行こうよ。

雨がザーザー降ってても〜、僕は散歩に行くんだよ〜♪
お散歩、お散歩、楽しいな♪
  「あら、かわいい! こんにちは。」
こんにちは〜。 僕、カイザー。

こんなに雨が強いと、公園にはだぁれもいないや。
みんな、お散歩しないのかな。 
広い公園に、僕とママだけ。
しょうがない。 ゆっくり匂いかぎをしようっと。

(出血は、もう止まったみたいです。
おしっこをしても、興奮気味になっても、血は出ません。
早めに回復してよかった、よかった。

連休は、のんびりと過ごす予定です。)
 2021.9.19 (日)
            (この夏はプールを新調することなく、水浴びのみで過ごしました。)
 「カイちゃん、暑いね。 お水飲もうか。」
う、うん・・・。
 「あれ? 飲まないの?」
いや、あの・・・。
 「あぁ、食器からじゃなくて、水道から直接飲みたいのね。」
えっと、うんと、そうじゃなくって・・・。
 「なに?」
あのね、僕・・・シャワー浴びたいの。
 「そういうことか。」
うん!

 「わかった。 じゃ、こっちにおいで。 ホースを伸ばして・・・。
  いくよ、カイちゃん!」
うっひゃ〜、シャワーだ! 冷たくって気持ちいい!
ひろちゃん、もっとかけて〜。

はあ〜っ、やっと体がひんやりした。

(カイザーの突然の怪我の知らせに、手術の用意をして待っていて
くださったという病院のみなさんにお礼をするために寄ってみると、
あれれ、混んでるはずの駐車場が空っぽ。
”本日は休診日”だ〜。 第3日曜はお休みなのを忘れてました。

戻ってきた強い陽射しに、カイザーは水浴びを要求。
外でたっぷりと水をかけてもらい、タオルドライの後は玄関で
横になりました。)
 2021.9.20 (月)
                 (「う〜に〜」 なにやら会話をする兄弟、通じ合うようです。)
さぁて、今度のおやつはなにかな?
うふふ、お休みの日は、これが楽しみ。 おしっこの後のおやつ。
足をふいてもらったら、僕は行儀よく座る。
おやつを食べる時は、きちんとしなくちゃね。
なんだろう、なんだろな。

 「ジャジャ〜ン、カイちゃん、これ食べる?」
うっお〜、おっきな骨! しかも、お肉がちょっとついてる。
食べる! かじる! ちょうだい!

骨をくわえて、まずは伏せる。 端っこを前足で押さえる。
どこからいこうかな。 思いっきりかじってみるか。
バリッ! おっ、やわらかい。 簡単に砕ける。
バリリンッ、ガリリッ・・・もぐもぐ、ごっくん・・・おいしい!

う〜ん、だんだん硬くなってきたな。
ガッ・・・だめだ、かじれない。 
もう1回やってみるか。 ガガッ・・・やっぱり無理だ。
ふうっ、ちょっと疲れた。
お腹いっぱいになったし、もういいや。 ごちそうさま〜。

(大きなリブボーン、おやつ用に加工処理されているので、
薄い骨の部分はパリパリと簡単にかじれます。
でも、拳骨のように丸い、いわゆる骨型の部分はやはり硬くて、
カイザーはお手上げ。
無理して口に入れてのどに詰まったら大変なので、ここで
骨を取り上げます。
はい、ごちそうさまでした。 あとは、お昼寝ね。)
 2021.9.21 (火)
             (コテツ君のおもちゃ、ゲット!)(大きな犬同士でワイワイ、ガヤガヤ)      
ねぇ、コテツ、それ貸してよ〜。
 「だめ、これ、俺のだから。」
そんなこと言わないでさ〜、ちょっとだけくわえさせてよ〜。
 「カイザーのは、ちょっとじゃないから、だめ。」
友だちだろ、ねぇってば〜。

あぁ、だめって言われると、余計に欲しくなる。
いいなぁ、あのおもちゃ。 ほら、コテツが持ってる丸いやつ。
あれをくわえて走ったら、楽しそうだな。

・・・あ! コテツがおもちゃを離した・・・取った〜!
へっへっへっ、どうだ、いいだろう?

(急所が切れて下半身が血だらけになる大量出血の割には、
幸いにも怪我は4〜5日で回復。
めでたくドッグランへすぐに復活です。

きー君や他の犬が持っているおもちゃが欲しくなるカイザー、
この日は、親友のコテツ君のおもちゃをくわえて満足げ。
大型犬同士でたくさん遊び、疲れて帰ってきました。)

< 9月23日(祝)は休業いたします。 >
 2021.9.22 (水)
               (「うぴぴっ」<カイちゃん、あそぼ> 僕、疲れてるからあとでね。) 
え!? なんだろう、あの音? やだ、恐い。
 「カイザー、どうしたの? 目が覚めたの?」
恐いよ、恐いよ〜。
 「いったいどうしたの? 雨でしょ。」
ひ〜っ、やだよ〜。
 「あ、雷が鳴ってる。」
うわ〜っ、どうしよう、助けて。 どこに行けばいいの?
 「カイザー、一緒にいるから大丈夫。 こっちにおいで。」
助けて〜、どこに逃げればいいの?

ハァハァ・・・恐い。 ハッハッ・・・恐い。
ハァハァ、ハッハッ、あの音、恐い、恐い、恐いよ〜!

(夜、突然降り出した雨。
あっという間にどしゃ降りになったと思ったら、カイザーが飛び起きて
ウロウロし始めました。
私たちが雷に気づく少し前から、遠くからの雷鳴が聞こえたみたいです。
近くで響くようになったら、もうだめです。
呼び寄せようとしても、なだめても、恐怖心のかたまりになって
何も耳に届かないようです。
目を見開き、息が上がり、ウロウロ、オロオロ。

雷が去っても寝つくことができず、落ち着きませんでした。)
 2021.9.23 (木)
            (車の中では伏せています。そして床の金属の突起で怪我をしました。)
朝から暑いや。 うんしょっと・・・背中を丸めて、うんむっ!
ママ、ウンチしたよ。 暑いから、うちに戻ろう。
それにしても暑いなぁ。 つらくって、ゆっくりしか歩けない。

 「カイちゃん、大きな骨、かじる?」
お! かじる! うほほっ、だからお休みの日は大好き。
ガリリッ、バリリッ、バリンッ・・・バリッ・・・ふうっ。
 「あら、もういいの?」
うん、暑いからかな。 なんだか疲れちゃった。
向こうの部屋で寝る。

なんか落ち着かないなぁ。 う〜ん、どこで寝ようかな。
 「玄関に行く?」
うん、そうしてみる。 ひんやりするからね。
どれ・・・あぁ、ここならいいや。
・・・スピ〜ッ、スピピ〜ッ。

(蒸し暑い休日、カイザーはひたすら寝て過ごしました。
でも、大きな骨を途中で投げ出したのは暑さのせいではなく、
この日の骨は簡単に噛み砕ける部分が少なかったからなんです。
硬い部分だけになってしまうと、カイザーはすぐにあきらめて
立ち上がります。
ま、カイザーですから。)
 2021.9.24 (金)
           (こいつ、恐竜、僕の子分。)(毛が伸びて、タヌキさんのしっぽに。)
おやぁ、公園がきれいになってる。 草刈りをしたんだね。
男の人たちが地面に座って休憩してる。
 「お〜い、ベートーベーン!」
僕は、ベートーベンじゃないよ。 カイザーっていうの。

たまに、ベートーベン君とか、べーちゃんって呼ばれることがある。
まぁ、ごあいさつのしっぽは振るけどね。

さてと、そろそろウンチをしなくちゃ。 このへんでいいかな。
 「あ! カイザー、そこはだめ。 やめて。」
え? なに? ウンチしてる時に急に引っ張らないでよ、ママ。
あ〜あ、ウンチが途切れちゃった。 どうしてあんなことするの?

しょうがない。 ウンチ、やり直し。 ふんむっ!

(西公園がすっきりしました。刈り取られた草が、あちこちに積み上げて
まとめられています。
草刈りの作業をしている方たちは地面に円陣を組んで休憩中、
こちらをじっと見ています。
するとカイザー、積み上げた草のてっぺんにお尻を向けて、ふんむっ。
あわてて引っ張りました。
お尻をモゾモゾさせたまま、カイザーは場所を変えて用を済ませました。
やれやれ。)
 2021.9.25 (土)
            (ドッグランに行くようになったのは、5代目のカイザーが初めてです。)
 「カイザ〜、俺たち、仲良しだよな。ペロペロ、ペロリン。」
うん、コテツ、君のこと、大好きだよ。 ペロペロ、チュ〜ッ。
 「カイザ〜、友だちって、いいな。 ペロリン。」
うん、コテツ、友だちって、大切だね。 チュッ、チュッ。
 「カイザ〜」 コテツ、大好きだよ。 
 「俺もさ、カイザ〜」 うん、コテツ〜。

僕、友だちみ〜んな大好きだけど、やっぱりコテツが1番かな。
初めて会った時から気が合って、一緒に遊んだ。
ドッグランに来てコテツがいると、すごくうれしい。

コテツと僕は、口をペロペロなめて友情を確かめ合う。
君のこと、好きだよって伝え合う。
そして・・・お〜い、コテツ、走ろうよ〜。
 「おうっ!」

(不思議と気が合う、レトリバーのコテツ君とカイザー。
この日も、口や顔をなめ合って友情のエールの交換。

ところで、先日、ドッグランのお得な回数券を買ったのですが、
手元に券があると通う頻度が増えているのは、気のせい?)

 < 9月29日(水)〜10月5日(火)まで、
   仙台三越の地下1階・連絡通路で販売いたします。 
  今回は、お求めやすい価格のブレンドも取り揃えます。 >
 2021.9.26 (日)
              (休日は林の中を縦横無尽に歩き回ります。)(コスモス王子)
 「カイザー、今日のおやつは大きなガムですよ〜。」
お! うおっ! おおおっ!
 「はい、ゆっくりどうぞ。」
ええっと、う〜んっと・・・どうかじればいいかな。
大きすぎて、ひと口ではガリッといけないな。
前足で片方の端っこを押さえて、もう片方の端からやっつけるか。
アグッ・・・うん、いい感じだ。
アググッ、ガリガリッ・・・いいぞ。

よ〜し、だいぶかじったぞ。
口が疲れた〜。ちょっと休憩。
 「早いこと、カイザー。 もうそれしか残ってないの?」
うん、一気にガリガリやったんだ。

さて、残ってるのは丸いところだから、かじるのが難しいな。
どうしようかな〜・・・よし、えいっ、アグン、ゴックン!
 「ちょ、ちょっと、カイザー! 丸呑みしちゃったの!?」
ふうっ、おいしかった〜。

(夢中になってかじっている大きな骨型のガム。
カイザーが1度立ち上がった時に確認したら、残っているのは
握りこぶしのような端の部分のみ。
食べ終わるのには、まだしばらく時間がかかりそうと思ったのに、
いつのまにか残りがきれいに消えてなくなっています!
食べきったカイザーは、満足げな表情。

え? 丸呑みした? のどに詰まらないかな?
お腹、大丈夫かな? 吐き戻さないかな?
夜まで様子をみていましたが、ウンチも正常、食欲も元気もあり。
すやすやと眠っているし・・・大丈夫みたいです。)
 2021.9.27 (月)
           (朝の散歩、縄張りの主張に忙しいカイザー) (コスモス・ロードを行く。)
まただ。 また何か他の動物がここを通ってる。
ほら、はっきりと匂いが残ってるもん。

玄関から外に出るでしょ。
そうすると、目の前に大きな木がある。
この木の脇、僕は林の中から戻ってくるときに通るんだけど、
ここを誰かが使ってる。
僕とは逆に、ここを上がって、ここから林の中に入ってるみたい。
どれ、ちょっと上がってみるか。
ふんふんふん? う〜ん・・・匂いは奥の方に続いてる。
どうしようかなぁ。 跡をつけてみようか。
 「カイザー! 散歩に行くわよ。」
う、うん。

ここは、また今度にしようっと。 今行くよ〜。

(日曜日、玄関のドアを開け放しておいたら、仕切りのガラス戸に
なにやら影が映っています。
上がりかまちに、何か生き物ががいます。
この形は・・・ニャ〜ン、ネコです。
ガラス戸を開けたら、サッと姿は消えました。

このところ、カイザーが玄関前の木の脇の匂いを気にして
林の中へ入って行くのですが、きっとネコの通り道なんですね。)

< 9月29日(水)〜10月5日(火)、仙台三越の地下1階、
  本館と定禅寺館の連絡通路でも販売いたします。
  10月1日は、コーヒー協会が定める”コーヒーの日”、
   新しい生産年度の始まりです。
  多くの方に当店のコーヒーを味わっていただくために、
 今回はお求めやすい価格のブレンドもいろいろと取り揃えます。
    ぜひ、お立ち寄りください! >
 2021.9.28 (火)
               (うそつくのって、ひどいよね。僕、きらいだな。)
 ≪夕方の散歩へ、ひろときー君と出発≫
 「ばむっ!(カイちゃん、行くよ)」
はいよ、きー君。 君が引き綱を持つんだね。
 「うっきゃ〜い!(カイちゃん、まっすぐ進め)」
はいはい。 きー君が引き綱を握ってるんじゃ、あんまり早く
歩かない方がいいね。 ゆっくり行くか。
 「う〜み〜(僕がかいちゃんをお散歩させてるんだよ)」
やれやれ。

 ≪散歩から店へ戻ってくる≫
   「はい、散歩はおしまい。引き綱を離して。」
 「・・・・・・(やだ)」
   「君がずっと握ってたら、カイちゃんが2階に行けないでしょう。」
 「・・・・・・(やだ。ずっと持ってるもん。)」
やれやれ。 僕は、どうすればいいんだろう?

 ≪夜。ひろ宅に預かってもらう。≫
   「カイちゃん、明日はドッグランに行こうね。」
!!! ほんとに!? うわ〜い!
行くぞ、行くぞ、ドッグラン。 みんな来てるかな。
早く行こうよ、ひろちゃん。 僕、いつでも準備オーケーだよ。
   「違う、違う、行くのは明日。夜はやってない。」
・・・なんだよ、ひろちゃんのうそつき。
たった今、行くって言ったのに。
   「明日だってば。」
・・・僕、うそつきはきらいだ。 だいっきらい!
   「やれやれ。」

(まぁ、なにかとめんどくさい似た者同士の兄弟でして。
29日から仙台三越での販売が始まりますので、1週間、
ひろときー君がカイザーの散歩のために店へ通ってきてくれます。
カイザーにとっては、うれしい1週間になります。)
 2021.9.29 (水)
              (また暑くなってしまったけれど、のびのびと過ごしています。)
ねぇ、ドッグランに行くって言ったよね?
それも、きのうだよ、ひろちゃんが僕に言ったの。
いったい、いつになったら出かけるのさ。 
 「陽射しが強いから、もう少したってから。」
もう、今日が終わっちゃうんじゃない?
みんな帰っちゃうよ。 誰もいないとこに行ってもつまんないよ。
 「ちゃんと行くから、待ってなさい。」
そうやって、ごまかさないよね? ほんとに行くよね?
 「うるさいなぁ、カイザーは。」

お〜い、コテツ〜!
   「おおっ、カイザー!」
やっと会えた〜。 今日も暑いね。
   「うん でもカイザーが来たから暑いのなんか平気だ。」
 「ばむむっ(いっしょにあそぼ) ばむんっ(コテちゃん、いい子)」
悪いけど、きー君も混ぜてあげていい?
   「いいよ。君の家族だろ。遊ぼうぜ。」

(ドッグランでの仲良しコンビ、カイザー&コテツにきー君も仲間入り。
コテツ君の体を小さな手でパシパシ。
みんな、きー君とも遊んでくれてありがとう。

でも、絶対、間違いなく、回数券を買ったらドッグランに行く頻度が
増えてるわ。これは気のせいなんかじゃない。)
 2021.9.30 (木)
                  (朝の散歩で思い切り走れず、少々ご不満のカイザー氏)
う〜ん、これじゃ、やっぱり難しそうだなぁ。
こう行っても・・・だめだし、こっちへ行っても・・・背の高い草にぶつかる。
どこも草ぼうぼうで、思いっきり走れないや。

無理して走るとね、草に足をとられてころびそうになるんだ。
ツル草っていうんだって。
これが地面に長く伸びてて、引っかかっちゃう。
この間、久しぶりにスピードを出して走ったら、前足がツル草に
通せんぼされて、ころびそうになっちゃった。

しょうがない。 ゆっくり歩くしかないか。
 「カイザー!あんまり奥に行かないで。体に草の実がつくから。」
ええっ? あれもできない、これもだめじゃ、僕、つまんないよ。

(草刈りをしないと雑草天国。そして、足元には長くて太くなったツル草。
これが、あっという間に地面をおおいつくします。
そんな草の中をカイザーが突き進むと、体にトゲトゲの実がたくさん。
散歩の仕上げは、スリッカーで草の実を取ることです。)

< 仙台三越の地下1階で、10月5日(火)まで販売中。
   営業時間は、10時〜夜7時半です。 >