カイザーの日記


    2020.1.16〜2020.1.31


 2020.1.16 (木)
                 (なんだろう、これ? たしかめなくちゃ。)     
   「パリンッ!」
な、なんだ!? 今の音、なに?
ママ、なんか変な音がしたよね? 大丈夫かな。
 「カイザー、来てごらん。 これ、なぁんだ?」
え? ・・・なんだろう? 初めて見るぞ。
ちょいちょい、と足でさわって・・・「パリッ」
ふえっ! なんだ!?
あ! 中に水がある。
 「パリンッ、パリッ」 うひょっ、おもしろい。

えいっ、えいっ!
うわ〜い、泥になったぞ。
それそれっ、泥をかき出すぞ。 バババババッ!
 「カイザー! 泥だらけ!」

(草地の水たまりに氷が張りました。
カイザー、初めての氷に大興奮。
最初は、恐る恐る前足でちょいちょい、と。
割れるのがわかると、強くバンバン!
そして、うわ〜っ!と泥を跳ね上げ、朝から泥んこ。
満足したようです。)
 2020.1.17 (金)
                       ( 「カイザー、ボール投げるよ。」 うん! )  
 「おや、カイザー君、なにかご用ですか?」
うん・・・えっとね、あのね、あれ・・・。
 「なんでしょう? 食事は済んだし、歯磨きガムも
  かじったし、それにデザートのリンゴも食べたね。」
う、うん・・・そうなんだけど、ほら、あれがさ・・・。
 「まだ、なにか? 今日は、もうおしまい。」
・・・・・・・。

あ! この音、冷蔵庫を開ける音だ。
急げ! ママが、あれを出すのかもしれない。
 「カイザー、早いこと。 ダッシュだね。」
ねぇ、今、何を出したの?
 「もしかすると、待ってるのは、あれかな?」
え、えっとね、ミルクの味がして、すごくおいしいやつ。
 「じゃあ、特別に1本だけあげようか。」

・・・うおっ! きたっ! これこれ!
これ、なんて言うの? おいしい!

(お母さんの実家がモンゴルで遊牧をしているという
方から、モンゴルの羊のチーズをいただきました。
馬に乗って移動をしながらかじったりするそうです。
従来のチーズのイメージとは異なり、硬くて、
噛み応えがあります。
カイザー君、このチーズに目の色が変わりました。
冷蔵庫の扉が開くのを、じっと待ちます。

カイザーのドッグフードは2種類を混ぜているのですが、
一方がラム味。 なじみのある匂いと味だったのね。)
 2020.1.18 (土)
                  (ひろちゃん、どこに行った? 隠れたな。)        
う〜ん、今夜はどうしようかなぁ。
あゆちゃんのお布団で寝ようかな。
それとも、隣のひろちゃんの布団で寝ようか。
両方にまたがって寝る、ってのもいいよね。

待てよ。 いつも通りにママの布団もいいし、
その前に、パパの布団でちょっとひと休みしようか。
うわ〜、迷っちゃうなぁ。

今日ね、あゆちゃんも、ひろちゃんも、2人ともお泊まりなんだ。
この頃、よくお泊まりするんだよ。 どうしたんだろう?
 「カイちゃん、来週から訓練所でしょ。
   さびしくなっちゃうから、今のうちに泊まるの。」
え? なに? 聞こえなかった。

(家族それぞれの布団の上を、うろうろと寝心地を
たしかめるように移動するカイザー。
しあわせを満喫中です。
でも20日からしばらくの間、カイザーは訓練所での生活に
なります。
店も、家も、静かになってしまいます。)

 < ”伊達武将隊プロマイドcafe”の新作、vol.11の
   販売を開始しました! カイザーとのコラボです。

 1月25日・26日は 中部国際空港・セントレアで、
 1月22日〜28日は 名古屋駅前の名鉄百貨店本店・
  7階の催事場でも販売します。 >
 2020.1.19 (日)
             (でへへ〜、あゆちゃんも、ひろちゃんもいるんだよ。)(僕の枝!)        
ほんとに、どうしたんだろう?
あのね、あゆちゃんも、ひろちゃんも、また泊まるんだって。
ずっと前に戻ったみたいだ。
もしかしたら、前みたいに2人ともしょっちゅう来るのかな。
そうだったら、うれしいな。

朝の散歩も一緒だよ。
あゆちゃんと、ひろちゃんと、ママ、3人で歩くんだ。
僕は、大事な枝をくわえる。
ひろちゃんが欲しがって追いかけてくる。
ふんっ、あげないよ〜だ。 取れるもんなら取ってみろ〜。
逃げる、走る、へへ〜んだ! 
 「取った!」
あ! 返して。 それ、僕のだよ、ねぇ!
 「投げるよ〜。 そ〜れっ!」
全力! 行くぞ〜。

(日曜日も仕事があって店へ。
カイザーは、西公園であゆ&ひろとたっぷりと運動。
行きつけのカフェで仲良しの友だちにも会い、満足。

来週の半ばまで、カイザーは残念ながら不在です。)
 2020.1.20 (月)
                 (どこにいても、我が家のようにくつろぐカイザーです。)   
さて、今日、僕はどこに散歩に来てると思う?
あのね・・・川があるところだよ。
暑い時は、よく水の中に飛びこんで遊んだっけ。
でも、今日はやめとこう。 水遊びする気分じゃないもんね。

ん? これ、なんだ?
なんかいい匂いがするぞ。 食べられるかな。
どれ、試しにくわえてみて・・・パクッ、もぐっ。
 「カイザー! いけない、出しなさい!」
もぐぐっ・・・や〜だよ。
 「カイザー!」
あゆちゃんとひろちゃんが追いかけてくる。
逃げろ、逃げろ。 どこに?
川の中だ〜! それっ、ザッバ〜ン! 
うひゃっ、気持ちいい。
 「カイザー! 戻りなさい!」
はあっ? なんにも聞こえないよ〜。

(昼過ぎに訓練所に行くというこの日、カイザーは川に
飛びこんでずぶ濡れになってくれました。
川原に落ちていた犬のおもちゃらしきものをパクッと
くわえ、それを取られまいと川へ脱走。

店に戻ってきた脱走犯は悪びれた様子もなく、
あゆとひろに体を乾かしてもらいました。

そして、いつものようにご機嫌で訓練所の校庭へ。
「ただいま〜!」という感じかな。
学校生活、楽しんできてね。)
 2020.1.21 (火)
                (晩年のバナ子)          (ミツバチカイザー、生後4ヶ月)   
(お世話になっている訓練所では、主任という肩書の
女性訓練士さんが結婚のため昨年秋に退職。
新しい主任訓練士は・・・おお!カイザーの担当訓練士さん
ですよ。
訓練士さんが階段を上がったのだから、カイザー君も
1段、大人にならなければ・・・なれれば・・・なろう・・・
無理かな。

新任の訓練士さんがやって来るのは春の予定だそうで、
それまでは人手が足りないので、応援を頼んで犬たちの
世話をするそうです。

カイザー、担当訓練士さんに甘えたいだろうけど、
訓練士さんの方にそんな余裕はないかもしれませんね。
早朝の排便に始まり、食事作り、訓練、と仕事が続き、
風邪をひいてるひまなんかなさそうな忙しさだもの。)
 2020.1.22 (水)
                (お顔がつぶれたバナちゃん)          (ちびっこカイ坊)  
(この頃、家族が口にする言葉。
 「今年の8月でカイザーが2才になっちゃう。早過ぎる。
  やだなぁ。もっと子供でいてほしい。」
人間の勝手な願いですが、ほんとに早過ぎます。

8月に生まれ、11月に家族になり、1月に訓練所に預け、
卒業したと思ったらすぐに1才になり・・・。
どんどん、時間が経っていきます。

セント・バーナードの寿命はだいたい10才。
2才になれば、その5分の1は過ぎたことになります。
そう考えると、時間を止めたくなってしまいます。

カイザーはわたしたちにとって、一緒に暮らすことができる
最後のセント・バーナード。
お願いだから、もっと、ゆっくり。)
 2020.1.23 (木)
               (バナも雪遊びをしました。)           (雪を初体験のカイザー) 
(午前中から雨が降り出しました。
雨が降ると、訓練所では犬舎から校庭に出てすぐのところに
ブルーシートを広げて、フェンスで囲みます。
そこが、用を足す場所になります。
雨の日は走り回ることもできないから、退屈だろうなぁ。

することがなくて自分の犬舎の中でいびきをかいているか、
それとも、いつもの癖で前足の内側をしゃぶっているかな。

カイザーは子犬の時から、何かをぺちょぺちょとしゃぶるのが
癖でした。
あゆかひろのパーカーの紐の先っちょだったり、ぬいぐるみの
耳だったり、今でも、布のおもちゃをしゃぶります。
夜は、布団の上に横になって掛け布団もぺちょぺちょ。
だから、布団カバーが濡れてしまいます。
おっぱいを飲んでいた時の名残かな。

そうだ、日曜日に洗濯しなくっちゃ。)
 2020.1.24 (金)
                  (こちら、バナちゃん)           (こっちは、カイ坊)
(小型犬と仲良し、友だちいっぱい、というのは、カイザーが
初めてです。
とにかく小さな犬たちと遊ぶのが大好きで、出会うとうれしさを
体いっぱいに表現します。 「うわ〜い!」と。

4代目のバナ子までは、小さな相手が恐怖心から吠えたり、
先手を打って飛びかかってきたりすることがあるので、なるべく
接触を避けるようにしていました。
3代目のヨハンも、4代目のバナ子も吠えられるのが嫌いで、
相手が「キャンキャンキャン!」と連続して吠えると、いやぁな
顔をしていました。

いや、ほんと、セント・バーナードが小型犬のグループ中に
ス〜ッと入りこんで、自分も仲間の一員として一緒に遊ぶという
お付き合いをするようになるなんて、思わなかったなぁ。

カイザーは、家族から見ると恐いぐらいに純真です。
人も犬も、相手を疑うことを知らないというか、みんないい人、
みんな仲間、みんな大好き!
相手に無視されたり、たまに吠えられたりすると、「え?」と
びっくり顔。

今頃、訓練所で大型犬同士でどうしてるかな。)
 2020.1.25 (土)
                 (ピアノの下で寝るバナ子)     (雪にこわごわ、カイザー) 
(カイザーは珈琲豆屋ベートーベンの看板犬を務めていますが、
本犬には、準看板犬を自負する店が他にあります。

青葉通り沿いにある、犬も一緒に入れる行きつけのカフェ。
横断歩道を渡ると、自分からさっさと道を曲がってカフェを目指す
そうです。
そして、店の入り口でひっくり返ってなごみ、すっかり我が物顔。
カフェのご主人が用があって外に出ると、カイザーはガラス越しに
目で追って「ひゅーん」。

うちの店に、「カイザー君はいますか?」と訪ねて来られた方に、
このカフェへ足を運んでカイザーに会っていただいたことも。
よほど居心地がいんでしょうねぇ。
お仕事の邪魔になっていなければいんだけど・・・。)
 2020.1.26 (日)
                       (左はバナ子、右がカイザー、似てるわー)
(毎年、名古屋の百貨店で販売する時期、仙台では雪が
降り、積もっていました。風も吹き荒れていました。
朝、店に着くとまず雪かきをするのがひと仕事、
窓の上から吊るしてあるコーヒーの麻袋の紐が強風で
切れたら、脚立を出して修繕。

4代目のバナ子がまだまだ元気だった頃、帰宅時に大雪に
なり、心配して、ひろとバナ子がバス停まで迎えに来て
くれたことがありました。
スーパーで買った重い食料品の袋を下げ、雪を踏み越えて
帰ったのを思い出します。

でも、今年は雨です。雪になったとしても積もりません。
雪かきもしなくてすむので楽と言えば楽だけど、四季がどんどん
変わっていって、これでほんとに大丈夫なのかしら。)
 2020.1.27 (月)
                 (コートを着て散歩のバナちゃん) (公園で暴れるカイザー)   
(北海道でセント・バーナードと暮らしている方が、「こちらでは、
しつけ教室には通うけど、訓練所に預けるということがないから、
訓練j所と聞いてちょっとびっくり。どんなことをするんですか?」と
ご質問が。
簡単に言うと、学校に通って勉強するか、寄宿制の学校に入って
勉強するか、という違いですね。

うちの場合、カイザーと離れがたくて「今回はしつけ教室にする」
と宣言していたのですが、時々、忙しい時に預かっていただく
必要があるので、カイザーに訓練所に泊まることに慣れて
もらうためにも、やはりこれまで通り寄宿生活に。
そのお陰で、カイザーはいつでも大喜びで訓練所へ。

昔は日本全国からセント・バーナードが仙台の訓練所にやって
来て寄宿生活を送り、ドッグショーを転戦するためにそのまま
ずっと訓練所暮らし、という犬もいました。

カイザーより少し後に生まれた女の子が、愛知県から仙台の
訓練所へやって来て勉強していました。
卒業した今は、ご家族と愛知で元気に暮らしているはずです。)
 2020.1.28 (火)
                  (怪獣カイゴン)  (あべお兄ちゃんと歩道橋を渡るカイザー) 
(水曜日に、カイザーが帰って来ます!
ひろは、店に来る度に「カイちゃんがいないと退屈だ〜。
カイちゃん、早く帰って来ないかなぁ。」と2階を見上げています。
たしかに、1人でボールを追いかけて西公園を走っても
しょうがないものねぇ。

静かな日々はこれにて終了。
店が休みの日も早起きしてカイザーと外へ。
おかげで、体重が減り体が軽くなりました。
カイザーと一緒に家族全員が動き回り、健康でいられます。
やっぱり、我が家にはセント・バーナードが必要です。

水曜日の午前中に、訓練所に迎えに行く予定です。
早く帰っておいで〜。)
 
< 名古屋・名鉄百貨店での販売は28日で終了しました。
  足をお運びくださったみなさま、ありがとうございました。

  2月は、仙台三越の地下1階で販売する予定です。 >
 2020.1.29 (水)
                 (我が家の末っ子が帰って来ました。元気です!)  
 「カイザー、外に出るよ。」
え? 僕だけ? すごい雨が降ってるよね。
それなのに、こんな時間に、僕だけが呼ばれたってことは、
つまり、もしかしたら、きっと・・・そうだ。

 「カイザー、おしっこして。」
やっと、やっと、お迎えに来てくれるに違いない。
僕、もうそろそろうちに帰りたくて仕方がなかった。
 「カイザー! おしっこは?」
誰が来るんだろう。
 「しょうがないな。 じゃ、バスタオルで体をふくよ。」
どこから入ってくるのかな。

あ!! うおっ!! むお〜っ!! おお〜っ!!
あゆちゃんと、ひろちゃんだ〜! ぐわお〜!
   「カイちゃ〜ん!」
僕、おうちに帰るんだね?

(暴れん坊が帰って来ました。
帰宅初日は大雨。 本犬がいない間に毛布にシーツ、
バスタオルなどをたくさん洗濯したのに、さっそくまた
洗濯物の山が。
あぁ、帰ってきたと実感するにぎやかさです。)
 2020.1.30 (木)
                 (公園で見かけたら、カイザー君って声をかけてね。)
あぁ、おうちは、いいな〜。 なんか、ほんわかする。

僕ね、寝るところがいっぱいあるんだよ。
最初は、パパのお布団の上で寝るでしょ。
それから、ママのお布団の上にもいく。
あゆちゃんと、ひろちゃんがお泊まりする時は、ふたりの
布団の上や、ふたりの間で寝るんだ。

それだけじゃないよ。
僕には、ちゃんと自分の布団がある。
ほら、これ、僕専用のシーツ。 あったかいやつ。

訓練所も好きなんだけど、お布団がないのが、ちょっと。
やっぱり、寝る時は布団がいいな。
もし、また訓練所に泊まることがあったら、僕、自分の
布団を部屋に持って行こうかな。

(甘やかし過ぎ? はい、重々承知。
でも、外でよその方や他のワンちゃんにご迷惑を
かけるわけではないし、こちらの言うことはきくし、
甘やかしてもいいんじゃないの?という持論を展開中。
訓練所から何を言われても、聞く耳がありませぬ。

2月の半ばから、また1週間ほど訓練所です。)
 2020.1.31 (金)
                (西公園です。雪がないから秋の写真のよう。)
お昼の散歩は、パパと一緒。
そろそろ帰り道。 お店に戻ったらミルクを飲める。
さぁ、駆け足で帰るぞ〜。

 「カイちゃん!」
え!? あれは・・・ひ、ひろちゃんだ!
僕のお迎えに来てくれたの? うわ〜い、わ〜い!
 「カイちゃん、店まで走ろう!」
うん! 一緒に走ろうね。 
そ〜れ、行くぞ〜! うわ〜い!

夕方の散歩は、あゆちゃんと一緒。  
おかしいな、ひろちゃんはどうしたんだろう?
また、後から来るのかな。 遅いなぁ。
 「カイザー、歩こう。」
でも、ひろちゃんがいないよ。 来るよね?

(昼の散歩の帰り道でひろと出会い、飛び上がって
大喜びのカイザー。
はじけそうな笑顔で、ひろと並んで走って帰って来ました。

夕方の散歩も、またひろが後から来るに違いない、と、
期待したみたいだけど、残念、ひろは仕事でした。
明日、また来るよ。)